前へ
次へ

中国切手を買い取ってもらったことについて

亡くなった父は仕事でよく中国に行っていたこともあり色々なお土産を買って来てくれたのですが、中でも興味深く感じたお土産は中国切手でなかなか面白いと思ったので大切に仕舞っていました。その後父が亡くなり私も切手のことなどすっかり忘れていたのですが、先日大掃除をしていた時に偶々押し入れから父からもらった中国切手が出て来て懐かしく感じました。ただ以前のように切手に関心を持つようなことはなくなったので捨ててしまおうかと思ったのですが、若しかしたら高く売れるかも知れないと思い近くにある買取業者に鑑定の依頼をしました。その買取業者は出張買取を行っていて連絡をすると直ぐに飛んで来てくれるので偶に利用しているのですが、切手の買い取りも行っているとのことだったので事情を説明して直ぐに来てもらいました。そして丁寧に鑑定をしてもらったのですが、その結果予想をはるかに超える額を提示してくれたので直ぐに売却することにしました。

Page Top